子どもを預けて働くことは悪いことですか?

スポンサーリンク


こんにちは!¥満ママ普及プロジェクト代表の福田美香です。今日はママさんから下記の質問をいただいたので、私の考えをお伝えしていきますね。

 

 

【質問】

仕事復帰の理由は何ですか?赤ちゃんが一歳になったら、仕事復帰をするママはたくさんいます。本当は自分で育てたいけど、お金を稼ぐため泣く泣く働くのでしょうか?それとも、育児ばかりではつまらなくて、外の社会に戻りたいから働くのでしょうか?私自身子どもを保育園に入れて働くか、幼稚園に行くまで家で育てるか迷っています。お母さん達からは「子どもが可哀想だから自分で育てなさい」と言われます。小さい子どもを預けて働くって悪いことなのでしょうか?ぜひご意見ください。

 

他人の言葉は無視しよう。

日本では3歳までは親で育てた方がいいとか、小さいうちから保育園に入れると周りの人から「子どもがかわいそう」など古臭い声が聞こえてきます。ただ、本当にこれって子どもがかわいそうなことなのでしょうか?3歳まで親が育てたからといって「いい子」に育つのでしょうか?

 

答えはNOです!

 

専業主婦の幼児虐待ニュースはあとを絶ちません。いや、増えています。変な固定概念に縛られ、ストレス溜まって子どもに八つ当たりするなんてもってのほか!虐待するぐらいだったら保育園に預けた方がマシです!またママもストレス溜まるぐらいなら、子どもを預けて気分転換することで、家庭円満に繋がります。

 

また、周りの声は無責任です。特にお年寄りの意見は半分無視しましょう。今と昔は違います。昔は近所付き合いが主流だったので子どもの預け先や近所のママたちが子どもをみてくれました。しかし今はどうでしょうか?核家族となり近所付き合いが気薄。ワンオペ育児をしているママがほとんど。そんなママに「子どもがかわいそうよ。」なんて声をかけるなんてまじ無責任。ママの方がかわいそうです!

 

海外では子どもを預けて働くことが当たり前

海外では0歳からベビーシッターに預けて働きに出かけるのが当たり前。日本では0歳の赤ちゃんとママが同じ部屋で寝るのが当たり前ですが、外国では別室で一人寝をする0歳の赤ちゃんも全体の2割を占めるといわれています。

 

特にアメリカでは夫婦共働きの家庭が多いこともあり、「お母さんが1人で子育て」はもう成り立ちません。お母さんが主体ではなく、自然とお父さんの家事や子育てにおける役割分担の比率が高くなっています。私の家も共働きでお互い個人事業主なので、育児も家事も半分っこ。ワンオペ育児なんて言葉程遠い生活をしています。

スポンサーリンク


 

お金で解決できないことはほとんどない

子どもが生まれると夫婦間で話題になるのが「お金」。子どもが生まれる前はお互い自由にやってい。しかし、子どもが生まれると子どもの未来や老後がリアルになり、お金問題で夫婦喧嘩になることも多々あります。

 

日本はお金に対するブロックがある人が多いのであまりお金の話をしたがりませんが、お金はかなり重要です。お金がないから喧嘩をするし、お金がないから子どもの選択肢が減る。お金がないから好きなモノも変えずストレスたまる。お金がないから制限かかった生活を送っている。お金がないから大病にかかっても治せない。逆を言えば、お金があることでほぼ全ての問題が解決するのです。

 

なので、そのためにもママが働きに出てお金を稼いでくるのは良いと思います。息抜きにもなるし気分転換にもなるし一石二鳥。そしてママが気分良く、ご機嫌でいることが、子どもにとって何よりの心の栄養なのです。ママが不機嫌でしかめっ面で24時間一緒に居続けることよりもママが笑顔でご機嫌で12時間一緒に居続ける方が子どもにとって幸せなのです。全ては鏡、ママが不機嫌になればなるほど子どもも不機嫌になりますよ。ママがご機嫌であればあるほど子どももご機嫌になりますよ。

 

まとめ

ママが子どもを預けて働く、働かないは手段にしかすぎず、正直あんまり重要ではありません。大事なのはママの心。ママがワンオペ育児でストレスいっぱい、お金も無く、不安でいっぱいの状態で24時間365日3年間子どもと一緒に居続けることが、本当に子どもに良いことなのでしょうか??それとも両親共働き、両親で家事育児をし、保育園から帰ってくるとママが笑顔でご機嫌な状態が続き、家族で旅行に出かけたり、子どもに沢山の選択肢を与えることができる環境は本当に子どもがかわいそうでしょうか?苦しいでしょうか?

 

昔の言葉なんてあんまり信じなくていいです。周りの言葉なんて誰も責任とってくれないので無視、無視、無視!!

 

一番はママの心と、子どもの心と、パパの心。家族の想いを大事にしてくださいね。なので家族会議を定期的にするのが一番ヽ(^o^)丿

 

また何か質問や相談などありましたら気軽にLINE@にてご連絡ください。LINE@登録フォームはこちら↓↓

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です